髭の悩みに効く!抑毛ローションのおすすめ4選

※本ページには広告が含まれています。

「髭を永久になくしたいけど、レーザーでの髭脱毛は痛そうだしお金もかかる。除毛クリームとかで永久脱毛はできないものか?」なんて悩んでいませんか?

自宅で髭を処理するには、シェービングや家庭用脱毛器、他には除毛クリームや脱毛クリームなどがありますね?

しかし、除毛クリームや脱毛クリームの違いがイマイチ分からない、さらには「抑毛ローション」なんていうのも出てきてる…。

そもそも「抑毛」の読み方さえ分からない、そんなあなたは、ぜひここから先にも目を通していただきたい。

ちなみにですが、「抑毛」は「よくもう」と読みます。「抑毛」の意味は、毛の成長を抑えたり、毛を細くし、目立たなくすること。

では、抑毛と脱毛はどう違うのでしょう?はたまた、除毛と脱毛は?ハイ。しっかりとリサーチしましたので、とくとごらんください。

セクション1.ヒゲの抑毛・脱毛とは?

男性の中には、毎朝の髭剃りが面倒だったり、肌トラブルが気になる方も多いはず。髭脱毛が気になるけど痛みを伴うし、費用も気になる。

髭脱毛をしないで髭の永久脱毛はできないのか?

脱毛クリームや抑毛ローションは実際どうなの?永久脱毛できないの?

疑問が次々と膨らむあなたに、ヒゲの抑毛や脱毛、除毛をひも解きました。

ヒゲの成長サイクル

まず、ヒゲの成長サイクルを知ることから始めましょう。ヒゲは、成長期、退行期、休止期の3つのサイクルを繰り返しています。成長期には、しっかりとしたヒゲが肌の表面に出てきます。退行期には、ヒゲの成長が徐々に遅くなり、休止期には一時的に成長が止まります。

ヒゲの成長サイクルは、以下の3つの段階に分けられます。

ヒゲの周期期間毛根の状態
成長期約2~6週間分裂
退行期約2~3週間収縮
休止期約2~4ヶ月休眠

ヒゲの成長サイクルは個人差がありますが、一般的には約4~6ヶ月。また、同じ部位でも同時に同じ段階にあるヒゲは少なく、成長期・退行期・休止期が混在しています。

 

ヒゲの抑毛・脱毛の方法と効果

ヒゲの抑毛や脱毛には、主に以下の3つの方法があります。

タイプ特徴効果
ヒゲ脱毛クリーム表面的にヒゲを溶かす方法で、即効性がある。効果は一時的で、副作用や肌荒れのリスクがある。
ヒゲ抑毛ローション毛穴に浸透して毛根を弱らせる方法で、長期的に効果がある。効果が出るまでに時間がかかる。
ヒゲ永久脱毛レーザーや光を使って毛根を破壊する方法で、最も効果的。費用が高く、痛みを伴う。

ヒゲの抑毛・脱毛の方法と効果には、それぞれメリットとデメリットがあります。自分の目的や予算に合わせて選ぶことが大切です。

ヒゲの処理方法メリットデメリット
抑毛髭の生えるスピードや量を減らすことができる。肌への負担が少ない。費用が比較的安く、自宅で簡単に使用できる。完全に髭をなくすことはできない。効果に個人差がある。定期的に継続しなければならない。
脱毛髭を永久的に除去することができる。長期的に見るとコストカットになる。肌荒れのリスクが低い。清潔感が出て自信を持てる。痛みや赤みなどの副作用がある。高額な費用がかかる。複数回の施術が必要になる。

市販されている脱毛クリームや除毛クリームは、ほとんどの商品が「顔には使わないでください」と記載されています。顔の皮膚は全身の皮膚よりも薄いので、顔には配合されている薬効成分がキツ過ぎるようです。また、脱毛クリームとは言え、永久脱毛ではありません。

さて、脱毛クリームならぬ除毛クリームというのを目にすることがあります。

「脱毛クリームの正式名を除毛クリームという」といった内容が記載されているサイトがありますが、実際には両者に若干の違いがあるようです。

ではここで、脱毛クリームと除毛クリームの違いをお伝えします。

項目除毛クリーム脱毛クリーム
効果ムダ毛を溶かして取り除くことができる商品。除毛クリームの効果は、平均で1週間程度持続します。毛根に浸透してタンパク質を分解し、毛を溶かして除去します。
使用方法ヒゲを処理したい部位にクリームを塗布し、一定時間放置後、クリームと一緒に拭き取ることでムダ毛を除去します。ヒゲを処理したい部位にクリームを指先で塗り広げ、5〜10分放置、あとはぬるま湯で洗い流してください。
利点カミソリで剃るよりもチクチクしにくい効果が早く、短時間でヒゲを処理することができます。
注意点肌に刺激の強い成分が含まれているため、使用時には注意が必要です。パッケージに記載されている使用方法を守ることが重要です。また、敏感肌の方や肌が弱い方は肌荒れのリスクがあるため、慎重に使用する必要があります。肌に負担がかかるため、使用後に肌荒れが起こることがあります。使用する際には、パッケージに記載されている使用方法を守ることが重要です。

除毛クリームにしろ、脱毛クリームにしろ、顔には使えないと表示されている方品がほとんどなのでいずれにせよ、ヒゲに使うのはお勧めしません。

そこで、抑毛ローションの出番です。抑毛ローションは、先にも述べた通り、毛穴に浸透して毛根を弱らせる方法で、長期的に効果があります。しかし、効果が出るまでに時間がかかるという難点があります。

「抑毛」と「脱毛」、どちらが自分に合っているの?

「髭脱毛は怖いけど、一考の余地があるのかナ?」「抑毛」と「脱毛」、どちらが自分に合っているのか迷っているあなたへ。まずは、自分の目的を明確にしましょう。

抑毛と脱毛の選び方には、以下のポイントがあります。

条件おすすめの施術
毛の量が多い脱毛
毛の濃さが強い抑毛
毛の太さが太い脱毛
毛の長さが長い抑毛
予算が少ない抑毛
痛みに敏感抑毛
施術時間が短い抑毛

長期的な効果を求めるなら:脱毛がおすすめ。初期投資は必要ですが、永久的な効果が期待できます。

 

おすすめの抑毛ローション

抑毛ローションの中から、特におすすめの商品をいくつかご紹介します。

MONOVOヘアアフターシェーブローション  ・・・エイジングケア成分も配合、セクシーなオリエンタル芳香成分

パイナップル豆乳ローションメンズ用  ・・・初回半額!コレ1本で男前のツルモテ肌に!

プレミアムアフターシェイブローション ・・・楽天男性化粧品部門及び天シェービング1位!美肌に導く実力派

【NULL】 アフターシェーブローション  ・・・髭が濃い、カミソリ負け、夕方には生えてくる人におすすめ

 

セクション2.脱毛の注意点

脱毛の効果を実感するには、脱毛を継続することが大切です。医療脱毛の場合は、少なくとも5〜6回の施術が必要です。

具体的な注意点は、脱毛方法によって異なります。

医療脱毛の注意点

  • 医療脱毛は、レーザーや光を照射して脱毛を行うため、肌にダメージを与える可能性があります。そのため、事前に医師の診察を受け、肌に合うか確認しよう。
  • 医療脱毛は、痛みが伴う可能性があります。痛みが心配な方は、麻酔クリームを塗るなど対策をしておこう。
  • 医療脱毛は、費用が高額です。予算と相談しながら、クリニックを選ぼう。

家庭用脱毛器の注意点

家庭用脱毛器の場合は、個人差がありますが、

  • 家庭用脱毛器は、医療脱毛よりも出力が弱いため、効果には個人差があります。また、自己処理による肌トラブルを防ぐためにも、慎重に行う必要があります。
  • 家庭用脱毛器は、肌に刺激を与える可能性があります。使用前に説明書をよく読み、正しく使用しよう。
  • 各メーカーによって推奨する使用頻度が異なる
  • 同じ部位に毎日照射するのは肌への負担が大きくなるため、毛周期に合わせて照射することがおすすめ
  • 一般的には、2週間に1回を目安に使用することが推奨されています
  • 毛の状態を見ながら、1ヶ月に2回、1ヶ月に1回と回数を減らしていくこともあります

以上のように、家庭用脱毛器を使うペースについては、各メーカーによって異なります。また、同じ部位に毎日照射することは避け、毛周期に合わせて照射することが大切。自分に合ったペースで使用し、正しいケアを行うことが重要です。

脱毛を行う際には、これらの注意点を守って、安全に行うようにしましょう。

脱毛を検討している方は、施術前のスキンケアやアフターケアが大切です。また、施術を受けるサロンやクリニックの選び方も重要。口コミや評判を参考に、信頼できる場所を選ぶようにしましょう。

医療レーザー脱毛(永久脱毛)

医療レーザー脱毛には次のような特長があります。

特 徴説  明
毛根を破壊できる医療レーザー脱毛は、毛を生やすもとを根元から破壊することができるので、永久的にムダ毛が減る効果があります。
痛みに弱い人にも対応できる医療レーザー脱毛は、麻酔を使うことができるので、痛みに敏感な人でも安心して施術を受けることができます。
火傷などのトラブルにも対処できる医療レーザー脱毛は、万が一火傷などの副作用が起こっても、すぐに医師の対応が受けられるので、安全性が高いと言えます。

 おすすめのクリニック

ゴリラクリニック・・・トライアル→3部位1回9,800円 気になることは何でも聞いてみよう!(無料)   

メンズリゼ・・・ヒゲ脱毛が月々3,100円から叶う 気になることは何でも聞いてみよう!(無料)

Dr.コバ・・・ヒゲの無制限脱毛が叶う 気になることは何でも聞いてみよう!(無料)

フィーゴ(サロン)・・・都度払いができる! 気になることは何でも聞いてみよう!(無料)

 

美容電気脱毛(永久脱毛)

おすすめの家庭用脱毛器

ケノン(Kenon)は、家庭用の光脱毛器の一つです。多くの人々が自宅で簡単に脱毛ケアを行うために使用していますが、メリットとデメリットがあります。

項 目メリットデメリット
効果高出力で効果的な脱毛ができる
使用期間照射回数が多く、長く使える
効率性照射範囲が広く、時間を短縮できる照射間隔が長い(3秒)
コストコストパフォーマンスが良い金額が高い(初期投資)
可用部位VIOも自分で脱毛できる
手間自分で処理する手間がかかる
持ち運び本体が大きい(持ち運びに不便)
肌トラブルのリスク肌トラブルになっても自己責任

ケノン

1-6.抑毛ローションって?

抑毛ローションは、毛の成長を抑制するローション。主に、大豆イソフラボンやパイナップルエキスなどの成分が含まれています。これらの成分は、毛の成長を促進する男性ホルモンの働きを抑制することで、毛の成長を抑制します。

抑毛ローションは、脱毛クリームや除毛クリームとは異なり、毛を除去するのではなく、毛の成長を抑制するものです。抑毛ローションは、毛の成長を抑制する成分が含まれているローションです。抑毛ローションの効果は、毛の生えるスピードを遅くしたり、毛を細くしたりすること。しかし、抑毛ローションは脱毛の効果はないので、ヒゲが完全になくなることはありません。しかし、脱毛クリームや除毛クリームに比べて、肌への刺激が少ないのが特徴です。

抑毛ローションは、手軽にムダ毛の成長を抑制できるため、多くの人に人気があります。しかし、抑毛ローションは、以下のようなデメリットもあります。

・即効性がない:抑毛ローションは、継続的に使い続けることで効果が現れるものなので、すぐにムダ毛がなくなるわけではありません

・脱毛はできない:抑毛ローションは、毛の成長を抑えるだけで、毛根を破壊することはできません。そのため、ムダ毛は完全に消えることはなく、自己処理が必要です

・太い毛には効果が薄い:抑毛ローションは、毛根に浸透することが難しい太く濃いムダ毛に対しては、効果が出にくいと言われています2

抑毛ローションを使う場合は、以下の点に注意してください。

使用前には、必ずパッチテストを行い、肌に合うか確認しよう。

抑毛ローションを塗る際は、指先で塗り広げ、適量使おう。

使用後には、必ず保湿をしよう。← 保湿はメッチャ大事です!(^^)!

抑毛ローションは、手軽にムダ毛の成長を抑制できる便利なアイテムですが、デメリットもあります。使用前には、必ず注意点をよく読んでから使ってください。

抑毛ローションの選び方

・抑毛成分の有無

抑毛ローションには、抑毛成分が含まれています。抑毛成分が含まれているかどうかを確認し、自分の肌に合った成分を選ぶことが大切です。代表的な抑毛成分としては、グリチルリチン酸ジカリウムや尿素などがあります。

メンズ向けであるか

抑毛ローションは、女性向けの商品も多く販売されています。しかし、男性のヒゲに使用する場合は、メンズ向けの商品を選ぶことが大切です。メンズ向けの商品は、男性の肌に合わせた成分が含まれているため、肌トラブルのリスクが低くなります。

コスト面

抑毛ローションは、価格帯が様々です。コスト面を考慮して、自分に合った商品を選ぶことが大切です。ただし、安価な商品には、肌に負担をかける成分が含まれている場合があるため、安易に選ぶことは避けましょう。

ブランド

抑毛ローションは、様々なブランドから販売されています。有名なブランドの商品は、品質が高く、安心して使用することができます。しかし、有名なブランドの商品は、価格が高い場合があるため、自分の予算に合わせて選ぶことが大切です。

効果

抑毛ローションは、効果が出るまでに時間がかかる場合があります。自分に合った商品を選ぶ際には、効果が出るまでの期間を確認し、自分のライフスタイルに合った商品を選ぶことが大切です。

口コミやレビューを参考に!

実際に使用した人の声は、商品選びの大きな手助けになります。しかし、あくまで参考の一つとして、自分の肌質やニーズに合わせて最終的な選択をすることが大切です。

以上のポイントを押さえて、自分に合った抑毛ローションを選びましょう。

 

抑毛ローションの成分と効果

抑毛ローションに含まれる成分には、ヒゲの成長を抑制する効果があります。以下に、代表的な成分とその効果をご紹介します。

成分名効果・用途
ピディオキシジル毛の成長を促進する。育毛剤に主に使用される成分。注意が必要。
イソフラボン男性ホルモンの作用を抑え、ヒゲの成長を抑制する。
リンゴ酸ジヒドロキシアミン毛の成長を遅らせる。多くの抑毛クリームに含まれている。
アロエベラエキス肌を保湿し、鎮静効果もある。特に敏感肌の方におすすめ。
チオグリコール酸ヒゲの成長を抑制する。
尿素ヒゲの成長を抑制する。
アルニカエキスヒゲの成長を抑制し、肌荒れや炎症を抑える。
グリチルリチン酸ジカリウムヒゲの成長を抑制する。
カミツレエキスヒゲの成長を抑制する効果はないが、抗炎症や保湿などの効果がある。

 

抑毛ローションの使用方法

抑毛ローションの使用方法は、基本的には簡単です。抑毛ローションを塗布する部位を清潔に洗い、ローションを塗布します。その後、ローションを塗布した部位を軽くマッサージします。

抑毛ローションの使用方法

  1. 使用前に、必ずパッチテストを行って、肌に合うか確認しよう。
  2. 抑毛ローションを塗る際は、指先で塗り広げ、適量を使用しよう。
  3. 抑毛ローションを塗った後は、1日2〜3回、1日あたり1〜2プッシュを目安に塗布してください。
  4. 抑毛ローションを塗った後は、必ず保湿をしてください。

抑毛ローションを使用する際は、以下の点に注意してください。

  • 抑毛ローションを塗布する際は、肌が乾燥している状態で塗ると、刺激を与える可能性があるため、洗顔後や入浴後に塗布するのがおすすめです。
  • 抑毛ローションを塗布した後は、日光に当たると肌が敏感になる可能性があるため、日焼け止めを塗るなどして、肌を保護してください。
  • 抑毛ローションを使用すると、肌トラブルが起こる可能性があります。肌に異常を感じた場合は、使用を中止し、皮膚科を受診してください。

抑毛ローションは、毎日継続して使用することで、効果を実感しやすくなります。また、肌の状態に合わせて、使用量や頻度を調整してください。

抑毛ローションの効果は、個人差がありますが、継続的に使用することで効果を実感することができます。

抑毛ローションの使用感や香りの違い

使用感は、主にテクスチャーと伸びやすさによって変わります。テクスチャーは、水状のものや乳液状のものなど、さまざまな種類があります。伸びやすさは、成分によっても異なります。アルコールなどの揮発性成分が配合されているものは、伸びやすく、さらっとした使用感です。一方、保湿成分が配合されているものは、伸びにくいですが、しっとりとした使用感です。

香りは、無香料のものから、フローラルやフルーツなどの香り付きのものまで、さまざまな種類があります。香りが気になる方は、無香料のものを選ぶとよいでしょう。

以下に、抑毛ローションの使用感や香りの違いを、いくつかの例を挙げて紹介します。

  • テクスチャーが水状で、伸びがよく、さらっとした使用感の抑毛ローション
  • テクスチャーが乳液状で、伸びがよく、しっとりとした使用感の抑毛ローション
  • アルコールなどの揮発性成分が配合されており、伸びやすく、さらっとした使用感の抑毛ローション
  • 保湿成分が配合されており、伸びにくいが、しっとりとした使用感の抑毛ローション
  • 無香料の抑毛ローション
  • フローラルやフルーツなどの香り付きの抑毛ローション

抑毛ローションを選ぶ際には、使用感や香りを確認して、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

カテゴリ説明・特性
使用感の違い
・ジェルタイプ肌に密着し、脱毛効果が高い。ただし、ベタつきがある。
・ミルクタイプ肌になじみやすく、ベタつきが少ない。快適に使用可能。
・スプレータイプ手軽に使用できるが、肌に直接吹きかけるため刺激が強い場合がある。
香りの違い
・香りあり使用感は変わらないが、気分が変わる可能性があり、リラックス効果もある。男性向け・女性向けの選択肢も。
・無香料香りに敏感な人や、香りを避けたい人に適している。

 

抑毛ローションの価格帯とブランド

抑毛ローションの価格帯は、数百円から数万円まで様々です。安いものは、ドラッグストアやネット通販で購入することができます。高いものになると、サロンやクリニックでしか購入できません。

抑毛ローションの価格は、成分や容量、ブランドによって異なります。成分の濃度が高いほど、価格は高くなります。容量が多いほど、価格は高くなります。ブランドが有名なほど、価格は高くなります。

自分に合った抑毛ローションを選ぶためには、価格帯も考慮する必要があります。予算が少ない場合は、安い抑毛ローションを選ぶことができます。予算に余裕がある場合は、高価な抑毛ローションを選ぶことができます。

抑毛ローションのブランドは、数多くあります。おススメのブランドは、日本サプリメントフーズ株式会社、NULLメンズ化粧品、株式会社アールスタイル、株式会社鈴木ハーブ研究所などが挙げられます。これらのブランドは、品質が良く、効果が高い抑毛ローションを販売しています。

自分に合った抑毛ローションを選ぶためには、ブランドも考慮する必要があります。信頼できるブランドの抑毛ローションを選ぶことで、安心して使用することができます。

自分に合った抑毛ローションを選ぶためのアドバイス

抑毛ローションには、様々な種類があります。そのため、自分に合った抑毛ローションを選ぶのは難しいです。抑毛ローションを選ぶ際には、以下のポイントを参考にしてください。

  • 毛の量
  • 毛の濃さ
  • 毛の太さ
  • 毛の長さ
  • 予算
  • 使用感
  • 香り
  • 価格帯
  • ブランド

これらのポイントを考慮することで、自分に合った抑毛ローションを見つけることができます。

MONOVOヘアアフターシェーブローション  ・・・エイジングケア成分も配合、セクシーなオリエンタル芳香成分

パイナップル豆乳ローションメンズ用  ・・・初回半額!コレ1本で男前のツルモテ肌に!

プレミアムアフターシェイブローション  ・・・楽天男性化粧品部門・楽天シェービング1位!美肌への実力派

【NULL】 アフターシェーブローション  ・・・髭が濃い、カミソリ負け、夕方には生えてくる人におすすめ

 

セクション3.Q&A: ヒゲの抑毛・脱毛に関するよくある質問

ヒゲの抑毛・脱毛に関する情報を探しているあなた。多くの方が疑問に思うポイントをQ&A形式でお答えします。自分に合った選択をするための参考にしてくださいね。

抑毛ローションと脱毛クリームの違いは?

Q:抑毛ローションと脱毛クリーム、これらは何が違うの?

A:この質問、よく耳にします!簡単に言うと、抑毛ローションは「毛の成長を遅らせる」ためのもの。一方、脱毛クリームは「毛を一時的に取り除く」ためのものです。違いを表にしてみました。

項  目抑毛ローション脱毛クリーム
ヒゲの成長抑えるなし
毛の太さ細くなるなし
毛の目立ち具合目立たなくなるなし
ヒゲを抜く必要性なくなるなくなる
肌への負担少ない多い
肌荒れのリスク低い高い
効果が出るまでの時間長い短い
使用頻度継続的必要に応じて
効果ヒゲの成長を抑えるヒゲを根元から除去する
時間継続的な使用が必要短時間で処理可能
副作用肌荒れのリスクが低い肌荒れが起こることがある
価格安い高い
使いやすさ簡単手間

抑毛ローションは、毛の成長を抑える成分が含まれており、定期的に使用することで、ヒゲの成長を遅らせる効果が期待できます。一方、脱毛クリームは、毛を溶かして取り除く成分が含まれています。しかし、脱毛クリームの効果は一時的で、毛根まで取り除くわけではないので、ある程度の時間が経つと再び毛が生えてきます。

脱毛サロン・クリニックと自宅での脱毛、どちらがおすすめ?

脱毛サロン・クリニック自宅での脱毛
メリット
専門性専門家が施術専門家が施術しない
効果高い効果が期待できる効果に個人差が出る可能性あり
使用機器高性能機器による
アフターケア充実している場合多い自己責任
費用高い低い(初期投資後は少ない)
時間の自由度予約が必要好きな時間に可能
部位の選択限定される場合あり自由
デメリット
予約の必要性予約が必要な場合が多い不要
費用高い初期投資が必要
肌トラブルのリスク低い高い(高品質な機器を使わない場合)
アクセス・場所店舗に行く必要あり自宅で可能
施術エリア限定される場合がある自分で選べる

ごらんのように、脱毛サロンやクリニックと自宅での脱毛は、それぞれにメリットとデメリットがあります。

脱毛サロンのメリットは、プロの施術で効果や安心感が高いことです。デメリットは、料金が高く、通うのに時間がかかることです。

自宅での脱毛のメリットは、手軽に好きな時にできることです。 デメリットは、効果が低く、肌トラブルのリスクが高いことです。

これらのポイントを踏まえると、脱毛サロン・クリニックは、脱毛効果を重視する方や、手間をかけたくない方におすすめです。自宅での脱毛は、費用を抑えたい方や、自分のペースで脱毛したい方におすすめです。

ケノン

脱毛後の日焼けは大丈夫?

脱毛後の日焼けは、肌トラブルの原因になるため、避けたほうがよいでしょう。

脱毛処置(特にレーザー脱毛や光脱毛)後は、皮膚が一時的に敏感になる場合があります。この時期に日焼けをすると、皮膚トラブル(例えば、炎症、色素沈着、火傷など)のリスクが高まる可能性があります。紫外線によって肌にメラニン色素が沈着し、シミや色素沈着などの肌トラブルを引き起こす可能性があります。

また、脱毛後の肌は、日焼け止めの効果が十分に得られにくくなるため、注意が必要です。日焼け止めは、紫外線を反射したり吸収したりして、肌を守る効果があります。しかし、脱毛後の肌は、日焼け止めが肌に浸透しにくくなるため、紫外線を完全に防ぐことが難しくなります。

脱毛後の日焼けを防ぐためには、以下の点に注意しましょう。

  • 脱毛後2週間は、日焼けを避けましょう。
  • 日焼け止めをこまめに塗り直しましょう。
  • 日傘や帽子などで、紫外線から肌を守りましょう。

まとめますと、

ガイドライン説    明
専門家の指示に従う脱毛施術後のケアは、施術を行った専門家の指示に基づいて行う。
紫外線防止施術後は紫外線を避け、外出する際は日焼け止めを塗るか、帽子や長袖で保護する。
施術後の直接的な日光露出を避ける施術直後は特に、強い日光に当たらないようにする。
皮膚の様子を観察する赤み、かゆみ、炎症などの異常があれば、速やかに専門家の診断を受ける。
高いSPF値の日焼け止めを使用する脱毛後の皮膚は敏感なため、高いSPF値の日焼け止めを使用することが推奨される。
時間を置く脱毛施術と日焼けの間には適切な時間を置く。具体的な期間については、施術を行った専門家に相談する。

セクション4.男性のヒゲ抑毛に役立つ知識とコツ

ヒゲ抑毛には、時間と手間がかかりますが、継続することで、スッキリとした肌を手にすることができます。

カテゴリ項 目説  明
知識成分の選択抑毛剤には毛の成長を抑制する成分(例:イソフラボン、尿素)が含まれている製品を選ぶ。
肌質に合わせる無添加・無香料の製品等、自分の肌質に合った製品を選ぶことが重要。特に敏感肌の場合に注意。
周期的なケアヒゲは周期的に成長するため、一度の施術ではなく継続的なケアが必要。
コツ清潔な肌に適用抑毛剤を使用する前に、肌を清潔にしておくと効果が高まる。
均一に塗る抑毛剤を均一に塗布することで、効果を最大限に引き出す。
頻度を守る製品に指定されている使用頻度を守る。過度な使用は避ける。
テストパッチ初めて使用する製品には、小さな範囲でパッチテストを行う。
剃った後に使用髭を剃って24時間以上経ってから塗ろう
一定期間使用を続ける一度や二度の使用では効果は出にくい。数週間から数ヶ月の一定期間、継続的に使用することが推奨される。
専門家の意見を求める効果が出ない、または肌トラブルが発生した場合は、専門家の診断やアドバイスを求める。

 

ヒゲの成分と生え方について

ヒゲは、毛根から生える体毛の一種です。毛根は、皮膚の下にある組織で、毛母細胞と呼ばれる細胞が毛を作り出す役割を担っています。

ヒゲの成分は、主に、ケラチン、メラニン色素、脂肪です。

  • ケラチンは、髪の毛や爪と同じ成分で、毛の硬さや弾力を保つ役割を担っています。
  • メラニン色素は、毛の色素で、毛の色を決定する役割を担っています。
  • 脂肪は、毛の表面を覆い、毛が乾燥するのを防ぐ役割を担っています。

ヒゲの生え方は、毛周期によって決まります。毛周期は、成長期、退行期、休止期の3つの段階に分けられます。

  • 成長期は、毛が伸びる段階で、毛の90%がこの段階にあります。
  • 退行期は、毛が成長を停止する段階で、毛の10%がこの段階にあります。
  • 休止期は、毛が脱落する段階で、毛の1%がこの段階にあります。

脱毛は、成長期の毛根に働きかけるため、成長期の毛を狙って脱毛を行う必要があります。

ヒゲは、男性ホルモンによって成長が促進されます。そのため、男性の方が女性よりもヒゲが生えるスピードが速く、濃くなっています。

ヒゲの抑毛や脱毛には、さまざまな方法があります。脱毛サロンやクリニックで行う医療脱毛、家庭用脱毛器を使った自己脱毛など、自分に合った方法を選ぶことが大切です。

ヒゲの成分と生え方

カテゴリ説    明
成分主にケラチンというタンパク質。
影響するホルモンテストステロン、DHT(ジヒドロテストステロン)
遺伝的要素家族にヒゲが濃い人が多い場合、自分もヒゲが濃くなる可能性が高い。
ホルモンの影響男性ホルモンが多いと、ヒゲが濃く、しっかりと生える。
年齢思春期以降にヒゲの生え方が急激に変わることが多い。
地域・民族アジア人はヒゲが薄い傾向、中東や南欧の人々はヒゲが濃い傾向。
周期ヒゲにも生え変わりの周期があり、新しい毛が生え、古い毛が抜けるプロセスが繰り返される。

ヒゲのケアについてのコツ

コ ツ説   明
定期的な剃り毛穴が詰まるのを防ぐ。
剃った後のスキンケア肌を冷やして炎症を抑え、保湿剤で肌を保湿する。
抑毛剤の利用ヒゲの成長を遅らせる。

 

セクション5.ヒゲ抑毛のメリットとデメリット

ヒゲ抑毛のメリット

ひげ抑毛のメリットには、清潔感がある、肌トラブルが減る、メイクがしやすいなどがあります。まとめますと

清潔感アップヒゲは、顔の印象を左右する重要な要素です。ヒゲを抑毛することで、すっきりとした印象を与えることができます。また、ヒゲは、皮脂や汚れが溜まりやすいため、衛生面でもメリットがあります。
自己肯定感アップヒゲを抑毛することで、自分に自信が持てるようになるというメリットもあります。ヒゲを気にせず、好きなファッションやメイクを楽しむことができるようになるでしょう。
肌トラブルの予防カミソリやシェーバーでの自己処理は、肌を傷つける原因になります。ヒゲ抑毛を行うことで、肌を傷つけることなく、ムダ毛を処理することができます。
髭剃りの手間が省けるヒゲ抑毛を行うことで、髭剃りの手間が省けます。髭剃りにかかる時間を、他のことに使えるようになります。

ヒゲ抑毛のデメリット

一方、ヒゲ抑毛のデメリットとして費用がかかる、効果に個人差がある、副作用が起こる可能性があるなどがあります。まとめますと

費用がかかる脱毛サロンやクリニックで行う医療脱毛は効果が高い反面、費用が高額。家庭用脱毛器は費用が抑えられる反面、効果には個人差がある。
時間と手間がかかる医療脱毛は効果を実感するには少なくとも5〜6回の施術が必要。家庭用脱毛器は自己処理による肌トラブルを防ぐためにも慎重に行う必要がある。
肌トラブルのリスクがある医療脱毛はレーザーを照射するため、肌の赤みや腫れなどの肌トラブルが起こる可能性がある。家庭用脱毛器は肌に刺激を与える可能性があるため、肌トラブルに注意が必要。

 

セクション6.ヒゲ抑毛を成功させるためのポイント

ヒゲ抑毛を成功させるためには、以下のポイントを押さえることが大切です。

  • 自分に合った脱毛方法を選ぶ

ヒゲ抑毛には、脱毛サロンやクリニックで行う医療脱毛、家庭用脱毛器を使った自己脱毛など、さまざまな方法があります。それぞれの方法には、メリットとデメリットがあるため、自分に合った方法を選ぶことが大切です。

  • 脱毛サロンやクリニックで行う医療脱毛を選ぶ場合

医療脱毛は、効果が高い反面、費用が高額です。また、脱毛サロンやクリニックで施術を行うため、予約や通院のスケジュールを調整する必要があります。

  • 家庭用脱毛器を使った自己脱毛を選ぶ場合

家庭用脱毛器は、費用が抑えられる反面、効果には個人差があります。また、自己処理による肌トラブルを防ぐためにも、慎重に行う必要があります。

  • 脱毛方法に合った肌質かどうかを確認する

ヒゲ抑毛は、肌にダメージを与える可能性があります。そのため、脱毛方法に合った肌質かどうかを確認することが大切です。

  • 脱毛前には、パッチテストを行う

脱毛前には、パッチテストを行い、肌に合うか確認しましょう。パッチテストの方法は、以下のとおりです。

  1. 腕の内側に脱毛剤を塗ります。
  2. 24時間後に、肌に異常がないか確認します。

肌に異常がなければ、脱毛を行うことができるよ!

  • 脱毛後は、肌を清潔に保つ

脱毛後は、肌を清潔に保つことが大切です。また、日焼けを避けましょう。

  • 脱毛を継続する

ヒゲ抑毛の効果を実感するには、脱毛を継続することが大切です。医療脱毛の場合は、少なくとも5〜6回の施術が必要です。家庭用脱毛器の場合は、個人差がありますが、2〜3ヶ月に1回のペースで施術するのがおすすめです。まとめますと

カテゴリ説    明
正確な製品選定自分の肌質やヒゲの状態に適した製品や施術を選び、成分やアレルギー反応のリスクも考慮する。
専門家の相談クリニックでの施術を検討する場合は、専門家と事前に相談して効果的な施術プランを立てる。
定期的なケア自宅での抑毛には定期的な使用が必要な場合もあり。指示に従い、コンスタントに使用する。
施術前のスキンケア施術前に肌の汚れや余分な皮脂を落とす。これにより、抑毛剤が肌にしっかりと浸透する。
施術後のケア抑毛後は肌が敏感になる可能性があるため、アフターケア(保湿、日焼け止めなど)が必要。
適切なタイミング肌が敏感な状態(日焼け後、炎症など)では抑毛を避ける。
試験使用新しい製品や方法を試す前にパッチテストを行い、肌に合うかどうかを確認する。
結果のモニタリング施術や製品使用後、肌の状態を観察し、必要な場合は専門家に相談する。
根気と継続効果を実感するまで時間がかかる場合もあり、根気よく継続が重要。
リスクと効果のバランス高い効果を求めるあまり、肌に過度な負担をかけないようにする。肌の健康を最優先に考える。

セクション7.髭の悩みに効く!抑毛ローションのおすすめ4選 まとめ

抑毛ローションと脱毛クリーム、どちらを選ぶべきか迷っている方も多いでしょう。それぞれの特性と利点、注意点を理解することで、自分に合った選択ができます。

まず、抑毛ローションはヒゲの成長を抑える効果があります。特に、毛が細くなり、目立たなくなる点が大きな特長です。また、ヒゲを抜く必要がなくなるため、肌への負担が少ないのが魅力。肌荒れのリスクも低いですが、効果が出るまでには時間がかかるため、継続的な使用が必要です。

一方で、脱毛クリームはヒゲを溶かす成分が含まれており、毛を根元から取り除くことができます。効果が早く、短時間でヒゲを処理することができるのが大きな利点です。ただし、その分、肌に負担がかかることがあり、使用後に肌荒れが起こる可能性が高いです。

実際、「脱毛クリームメンズ」と言った商品名でも髭には使えないことがほとんどです。どうしてもと言われる向きには自己責任で使うことになるようです。

抑毛ローションは、永久脱毛ではないので髭剃りから完全に解放されるには、医療レーザー脱毛や美容電気脱毛がおすすめです。

➡【髭脱毛 おすすめ】目的別に選ぶクリニックやサロン、家庭用脱毛器

MONOVOヘアアフターシェーブローション  ・・・エイジングケア成分も配合、セクシーなオリエンタル芳香成分

パイナップル豆乳ローションメンズ用  ・・・初回半額!コレ1本で男前のツルモテ肌に!

プレミアムアフターシェイブローション  ・・・楽天男性化粧品部門・楽天シェービング1位!美肌への実力派

【NULL】 アフターシェーブローション  ・・・髭が濃い、カミソリ負け、夕方には生えてくる人におすすめ

タイトルとURLをコピーしました